ソフトバンク光は強制加入オプションなしでもキャッシュバックが受け取れる

ソフトバンク光は、携帯会社であるソフトバンクが展開するインターネット回線サービスです。後発のサービスですが着々と利用者を増やしている勢いのあるサービスですが、その理由には契約時のキャッシュバックキャンペーンがあるとも言えるでしょう。

どんなキャッシュバックキャンペーンがあって、どのくらいお金が返ってくるのか、その実際を紹介します。

そもそもソフトバンク光とはどのようなサービスなのか

ソフトバンク光とは、フレッツ光のインターネット回線を使用した光コラボとも言われるインターネット契約形式です。ソフトバンク光に加入するとフレッツ光のインターネット回線を敷くことになりますが、既にフレッツ光と契約してインターネットを利用している方であれば回線をそのまま転用することでも契約することが出来ます。

これまでNTTが販売しているインターネット回線と、各企業が販売しているインターネット接続の窓口にあたるプロバイダというふたつの要素を、ソフトバンク光で一括契約することで、契約や支払いがスリムになる、という点が注目され、一躍有名となったインターネット接続サービスです。

また、既にソフトバンクの携帯電話を契約している場合には携帯電話料金の支払いと併せて決済することも可能であり、その上携帯電話を契約していると利用できる割引があるなど、様々な恩恵があることでも知られています。

様々な通信費の決済をひとまとめにすることで煩雑さから解放されるというメリットだけでなく、利用料金も抑えられるとあってフレッツ光回線契約をしていた方の中にもソフトバンク光に乗り換える方が増えています。電話サポート電話窓口も長時間対応してくれるので、初めてインターネットを使う方でも安心して利用できます。

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンの魅力

ソフトバンク光の新規契約となるお客様にはキャッシュバックキャンペーンが適用され、支払った額の一部が戻ってくるキャンペーンが行われています。このキャッシュバックキャンペーンで特徴的なのは、多くの企業で契約時に行うキャンペーンで見られる強制的なオプションの加入や契約期間の制限がない、という点です。

契約後、いつ解約してもソフトバンク光から違約金は請求されませんし、煩雑な手続きも存在していません。そのため、お試しという感覚でキャッシュバックキャンペーンを利用しソフトバンク光へと乗り換えが出来ることも、近年利用者が増えている一因と言えます。

インターネットから申し込みが出来ることも人気の理由であり、携帯電話料金の支払いへと様々な出費をまとめやすくなっています。

ソフトバンク光に新規契約するとどのくらい戻ってくるのか

ソフトバンク光の新規契約によってキャッシュバックされる額は、契約する時期や契約する際に代理店を介するかどうかによって変化します。また、既にフレッツ光と契約している方であれば、既にインターネット回線のための光ファイバーが埋設されており、新たに光ファイバーを埋設するコストが不要なため、キャッシュバック額は少し少なくなってしまいます。

既に契約しているインターネット回線がどのような契約になっているのか、集合住宅であれば全体のインターネット契約がどのようになっているのか、などの点を確認するとキャッシュバック額が概ね予想できるようになるのではないのでしょうか。

新規契約をするとき、最もキャッシュバック額の大きい代理店で契約を行った場合には光ファイバー埋設を伴えば35,000円、既に光ファイバーが埋設されている場合には15,000円のキャッシュバックが期待できます。

また、光ファイバーの新規埋設をする場合には、キャッシュバックに加えてPlayStation4やNintendoSwitchなどの大人気ゲーム機をプレゼントしてくれるところがあります。これらのキャッシュバックはインターネット回線の開通から2か月後、銀行口座に振り込まれることになりますので、その間新しいインターネット回線の使い勝手を存分に体験してみてください。

フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えた場合にかかる手間

フレッツ光に既に加入している方がソフトバンク光に契約変更をする場合、既に埋設されている光ファイバーをそのまま転用できるため低コストで新しいインターネット回線の契約を行うことが出来ますが、その際にどのような注意点があるのでしょうか。

実は、フレッツ光の契約もとであるNTT東西日本は様々な契約プランがありますが、いずれも解約に違約金が発生することはありません。そのため、インターネット回線そのものに関して言えば、契約の見直しは比較的しやすい、というメリットがあります。

フレッツ光で埋設した光ファイバーの工事代金を分割払いしている場合には、その支払いをソフトバンク光での支払いに引き継ぐことが出来るため、埋設からの期間を気にせず乗り換えが出来ます。しかし、プロバイダについては簡単に解約出来ないことがあることに気を付けなければなりません。

プロバイダとはocnやYahooBBなど、インターネット回線を供給している企業のことを指しますが、ソフトバンク光と契約した場合にはプロバイダはYahooBBに固定されるために、異なるプロバイダを使用している場合には違約金が発生する可能性があります。

しかし、ソフトバンク光では乗り換えの際に発生するプロバイダ違約金を補填するキャンペーンを行っていることもあり、そういったキャンペーンを利用することでよりローコストで乗り換えが実現するのです。

キャッシュバックを現金で受け取らず、割引に転用するプランも

キャッシュバック額をそのまま受け取ることも嬉しいですが、長期的なインターネット契約を考えている場合は月々の契約料の一部をキャッシュバック額を使って割引をしていくという使い方をしてもいいのかもしれません。

キャッシュバックキャンペーンを申し込むときに選択が出来るのですが、仮に24,000円のキャッシュバックが出来る場合には1,000円の割引を月々の支払いに適用し、2年間の利用をより経済的に行うということも出来る場合があるのです。

自分にどちらのキャッシュバックが適しているか、契約前から考えておくのがいいのかもしれません。

ソフトバンク光へお得に乗り換えよう

ソフトバンク光の新規契約時にはキャッシュバックキャンペーンなど、新規契約や乗り換えをアシストしてくれる様々な特典やキャンペーンが存在しています。携帯電話料金の支払いにインターネット料金をまとめたい、ソフトバンク光の方がお得な料金プランがあるという場合には積極的に乗り換えを考えてみてもいいかもしれません。

ソフトバンク光の料金はキャッシュバックを最大にするとお得に!